再生可能エネルギーの発電所の事業パートナー フジテックスエネルギー
会社概要 オンライン商談

0120-81-2166 email お問い合わせ

お気軽にご相談ください
0120-81-2166
営業時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

営農型 太陽光発電システム導入サポート

農地の太陽光発電をサポートいたします。

2013年3月31日から、いくつかの条件つきで、農地での太陽光発電が可能になりました。
一時転用許可申請や、支柱つきの架台、農作物収穫量が地域平均の2割以上減少しないなど
農地独特の課題をクリアして導入を サポートいたします。

営農型太陽光発電システム導入サポート

  • 申請代行
  • 農作物コンサル
  • 支柱付き架台
  • 資材一式

農水省指針(2013年3月)一時転用許可の主な条件

  • 支柱が簡単な構造で容易に撤去できること。
  • 農機を効率的に利用できる空間を確保すること。
  • パネル下部での営農の継続が確実であること。
  • 農作物育成に適した日射量を保つこと。

農地での太陽光発電・独特の課題

  • 許可申請の手続きが大変。
  • 支柱付きの架台をどうやって作ればいいのか。
  • 太陽光パネルの下で育成できる農作物って一体なに?

豊富な事例で培ったノウハウで解決します

  • 群馬県M様
  • 山梨県A様
  • 大阪府S様
  • 広島県K様

許可申請を熟知スムーズな手続きを行います

一時転用許可申請の代行

許可申請書、事業計画書、設備下部の農地における営農計画書及び営農への影響見込書、農地法第3条許可申請書...。
農地で太陽光発電を行う場合、様々な申請書類が必要になります。申請書類の提出先は各自治体になりますので、各地に合わせた対応が必要になります。

これらの煩雑な許可申請を一手に引き受けます。

  • 農営型太陽光発電所の一般的な流れ

    お客様自身で行っていただく申請・書類のやり取りが多く煩雑。

  • 許可申請代行の流れ

    許可申請を熟知した専門家が申請を代行するので申請がスムーズ。

許可申請の流れ
農作業ができる空間を確保する架台の設置

丈夫で撤去が容易な基礎一体工法

太陽光発電パネルの下で農作物を育てるため、人の立ち入りができるスペースが必要で、農機を入れる必要もあります。
そのため、足の長い架台を設置します。

農水省指針では、一方で「撤去が容易であること」を条件にあげています。農地復帰が簡単にできるようにするためです。
簡単に撤去でき、支柱の長い架台を設置するため、基礎一体工法を採用しています。

風速40m/s、積雪100cmの耐久性、建築基準法レベルの耐震性能です(構造計算書に基づく)。

建築基準レベルの耐久性能

農地への日射量、農作物の知見が豊富

太陽光パネルの下で育成できる農作物のアドバイス

太陽光パネルを設置した後は日射量が変わります。
それまで育成していた農作物が同じように育つとは限りません。
農水省指針で、農作物収穫量が地域平均の2割以上減少しないことが求められています。
そのため、設置後に育成する農作物を適切に選定するためのアドバイスをいたします。

主仕様

※ 仕様は改善・改良のため予告なく変更することがあります。

関連記事

資料ダウンロード

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • 確認画面
  • 送信完了

必要事項を入力して、確認ボタンを押してください。
内容を確認次第、担当者からご連絡いたします。

製品名
会社名
氏名
メールアドレス
電話番号
都道府県
お問い合わせ内容
Copyright (c) 2019 FUJITEX Corporation. All Rights Reserved.