再生可能エネルギーの発電所の事業パートナー フジテックスエネルギー
会社概要 オンライン商談

0120-81-2166 email お問い合わせ

お気軽にご相談ください
0120-81-2166
営業時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)

木質バイオマス発電・熱供給 小型プラント Spanner

エネルギー効率約75%!熱利用が成功のポイント
バイオマス発電の集材、プランニングからプラント設置まで
ワンストップで対応します。

発電時に発生した排熱を回収して熱源を得られます。

熱と電気両方を有効活用することで、約75%のエネルギー効率を実現しました。売電と同時に熱を利用することで採算性を改善しました。
また、小型、ユニット化することで、未利用木材の発生現場近くに設置することもできます。
これにより燃料の運搬コスト削減が期待できます。

木質発電・熱併給 小型プラント Spanner

エネルギー効率75%

※エネルギー効率は、チップの状態、プラントの状態によって変わります。上記エネルギー効率を保証するものではありません。

工場・商業施設・温浴施設・ビニールハウス・製材所などに最適

空調、感想、温水

取り出した熱は、空調(暖房・冷房)、乾燥(木材)、温水(浴室、ハウス、融雪、工業用)として利用できます。
熱を利用しながら、発電した電気を売電する事業者に最適です。現在ボイラーなどを使って熱を利用している施設の代替用として最適です。

また、小型のため、製材所など端材が発生する現場での活用もされています。

  • 工場

    工場

  • 病院・公共施設

    病院・公共施設

  • 学校

    学校

  • ホテル・温浴施設

    ホテル・温浴施設

  • ハウス栽培農家

    ハウス栽培農家

  • 商業施設

    商業施設

地域密着・小型バイオマス発電が有望

燃料費68%

木質バイオマス発電では、燃料(木質チップ)の調達が課題になっています。発電コストの約7割が燃料費といわれています。
600kWの発電施設で1年間に利用する木質チップは約2万tです。これは、関東某県の未利用木材の排出量、約2年分です。大型の木質バイオマス発電は木質チップの安定確保とコスト削減のハードルが高いといえます。
木質チップが少なくて済む、小規模で売電と同時に熱利用できる熱電併用型は採算性に優れ、安定稼働しやすいプラントです。

出典:平成25年度木質バイオマス利用支援体制構築事業 発電・熱供給・熱電併給推進のための調査

木質バイオマスは、小型化・地域密着の未利用材の調達、売電 + 熱利用が成功のポイントです。

よくある質問

  • 発電は蒸気式ですか、ガス式ですか?
  • ガス式です。改質炉で切削チップをガス化します。そのガスで産業用ガスエンジンを動かして発電機を動かします。
  • 自動で稼働しますか?
  • 基本的に自動かつ連続運転ですが、完全無人運転ではありません。工業製品ではなく、
    自然材料の燃料を使っているため、停止することがあります。停止時にすぐに対応できると、稼働率が向上し、経済的です。
  • どのようなメンテナンスが必要ですか?
  • 安定した連続運転と機材の性能維持のために、フィルター交換、オイル交換、油さし、清掃、目視確認といったメンテナンスが必要です。
  • 木質チップの含水率はどの程度ですか?
  • 切削チップ(30~40mm)で、含水率最大13%です。
  • メーカーはどこですか?
  • ドイツのSpanner Re2社です。

主仕様

発電能力45kWh~1MW(el)
熱出力105kW~2MW(th)
燃料消費1kg/kWh(el)
燃料木質乾燥チップ
切削チップ 30~40mm 含水率13%(最大)
熱の特性行き:最高温度85度
帰り:最高温度60度
寸法木質ガス化装置:W5270×D1286×H2298mm
熱電併給機:W2600×D922×H1901mm
重量木質ガス化装置:約2300kg
熱電併給機:約1800kg

※ 仕様は改善・改良のため予告なく変更することがあります。

資料ダウンロード

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • 確認画面
  • 送信完了

必要事項を入力して、確認ボタンを押してください。
内容を確認次第、担当者からご連絡いたします。

製品名
会社名
氏名
メールアドレス
電話番号
都道府県
お問い合わせ内容
Copyright (c) 2019 FUJITEX Corporation. All Rights Reserved.