必要なことだけ1分でわかる 太陽光発電の出力制御

最終更新:2018年1月25日

電力会社別の出力制御の要請マップ
  • 必要なこと
  • 補足

出力制御の対象は?

2017年4月施行の改正FIT法には「太陽光発電事業者は、送配電事業者から出力抑制その他の協力を求められた場合には、これに協力することが必要である」と定められています。

そのため、改正FIT法に則って電力会社と売買契約を結んでいる事業者は対応する義務があります。

現在、下記の電力会社で出力制御機能付PCSの設置を求めています。

電力会社 対象
北海道電力
東北電力
東京電力
北陸電力
中部電力
関西電力
中国電力
四国電力 ・2014年12月3日~・10kW以上・太陽光発電 ※ 対象事業者にはDMが届いているはずです。
九州電力 ・2015年1月26日~・10kW以上・太陽光発電 ※ 対象事業者にはDMが届いているはずです。
沖縄電力

いつまでに出力制御の対応が必要?

電力会社によって出力制御の期限は異なります。下記表をご確認ください。

電力会社 仕様確認依頼書 切替完了届
北海道電力
東北電力
東京電力
北陸電力
中部電力
関西電力
中国電力
四国電力 2018年2月 2018年9月
九州電力 準備出来次第 2017年12月(※2018年2月28)
沖縄電力

※ 九州電力では、期限を超過した事業者へ2018年2月28日を新たな期限として通知しているようです。

期限内に出力制御に対応しないと?

  • 売電契約の解除
  • 現在の買取価格の喪失

の可能性があります。

  • 四国電力

    「対象事業者様にお送りするダイレクトメール」

    四国電力
  • 九州電力

    「期限を超過した事業者様への催告状」

    九州電力

出力制御に対応したい!

出力制御機能付PCSと呼ばれる機器を設置する必要があります。
出力制御機能付PCSは、インターネットに接続し、電力会社のサーバーに接続、スケジュールを取得し、太陽光発電所が系統に流す電力を自動的にコントロールします。

出力制御機能付PCSは、現在のPCSや監視システムによって必要な構成、機器が異なります。
フジテックスエネルギーでは、現状の構成のヒアリング、機器の選定、調達から工事の手配までワンストップで対応いたします。

出力制御の順番

出力制御機能付PCSのお問い合わせ

出力制御を行うのはなぜか?

今のところ、大量の電気を溜めておくことはできません。
電力需要を大きく上回る供給があった場合、発電量を削減する必要があります。
水力、火力など電力会社の発電量を絞っても供給が大きい場合、太陽光発電所に出力の抑制を要請することになります。

出力制御の順番

出力制御の順番

※ 出典:「送配電等業務指針」電力広域的運営推進機関  を基に編集。
※1・・・第173条 一 一般送配電事業者が調整力として予め確保した発電機の出力抑制及び揚水式発電機の揚水運転。二 一般送配電事業者からオンラインで調整ができる発電機の出力制御及び揚水式発電機の揚水運転。第174条 一 一般送配電事業者からオンラインで調整できない火力電源等(出力制御が困難な電源及び下げ調整力不足の解消への効果が低い電源は除く。以下同じ。)の発電機の出力抑制及び一般送配電事業者からオンラインで調整できない揚水式発電機の揚水運転(第3号、第4号、第5号及び第7号に掲げる方法を除く。)
※2・・・第174条 二 長周期広域周波数調整
※3・・・第174条 三 バイオマス専焼電源(但し、次号の地域バイオマス発電を除く。以下同じ。)の出力抑制。四 地域資源バイオマス電源(地域に賦存する資源(未利用間伐材等のバイオマス、メタン発酵ガス、一般廃棄物)を活用する発電設備(但し、燃料貯蔵や技術に由来する制約等により出力抑制が困難なものを除く。)をいう。以下同じ。)の出力抑制
※4・・・第174条 五 自然変動電源の出力抑制
※5・・・第174条 六 業務規程第111条に定める本機関の指示に基づく措置
※6・・・第174条 七 長期固定電源の出力抑制

出力制御とは?

電力会社のサーバーに出力制御のスケジュールが更新されます。

出力制御の仕組み