小形風力発電

小形風力発電の1から10まで
ワンストップで対応します。

20kW未満の小形風力発電は55円/kWhと高い買取価格を維持しています。
これまで環境アセスメントやメーカーが少ない、事例がないなどの理由でなかなか進んでいませんでしたが、
最近は状況が変化しています。
当社では海外、国内の小形風力発電を研究し、お客様の事業成功をサポートする体制を整えています。

風力発電

なぜ、いま小形風力発電なのか?

  • 55円/kWhの買取価格

    55円/kWhの買取価格

    20kW未満の小型風力発電の買取価格は55円/kWhを維持しています。固定価格買取制度のなかで最高額、太陽光発電の約2倍です。(2016年5月現在)

  • 発電原資が無償

    発電原資が無償

    発電の原資である風は無償で手に入ります。購入が必要なバイオマス発電などと比べると安定的に入手が可能です。

  • 環境アセスメントが不要

    環境アセスメントが不要

    鳥など周囲の環境に与える影響を調査する環境アセスメントには多大な時間と労力がかかります。20kW未満の小型風力発電は特に環境アセスメントが求められていません。(2016年5月現在)

  • 建設コストが一定

    建設コストが一定

    小型風力発電はパッケージの製品です。地盤の違いによる基礎工事によって前後がありますが、建設コストは一定です。

  • メンテ費用が予測しやすい

    メンテ費用が予測しやすい

    メーカーから、年間のメンテ日数、交換部品などが指定されています。そのため、メンテ費用が予測しやすく、事業計画が立てやすいです。

  • 事業参入ハードルが低い

    事業参入

    バイオマス発電、水力発電など他の発電事業と比べて小型風力発電は参入しやすいのも特長です。

↓

国家施策として小形発電機を推進している。

急伸する小形風力発電の導入件数

最近、小形風力発電の導入件数が急伸しています。経済産業省が発表する再生可能エネルギーの新規導入件数(FIT制度後に建設され、発電が開始した件数)では、太陽光を除くと、小水力発電(200kW未満)、メタン発酵ガス発電についで、3番目に多い件数になっています。

特に2015年に入ってから件数が伸びており、近日中にメタン発酵ガスを抜いて2番目になる予想しています。

小水力は小川や農業用水を利用した発電では水利権の確認や申請が必要です。その他には、ビルや工場などすでに水が流れている設備を利用して設置するケースがあります。メタン発酵ガスは、食品残さや家畜糞尿の収集と発酵、残さの処理が必要です。

小形風力は、これらの電源に比べると土地と適地があれば設置することができ、太陽光と似たスキームで進めることができます。そういったことも普及が進んでいる一因です。

急伸する小形風力発電の導入件数

事業開始の流れ

  • 1

    情報収集

    情報収集

    小型風力発電事業の概要、リスクを理解し、事業計画を作成します。

  • 2

    風況調査

    風況調査

    候補地の風速・発電量を調査し、事業性・採算性を確認します。

    ご提案

    風速・発電量 レポート(簡易・無料)にお申込みください。

  • 3

    機種選定

    機種選定

    Class NK認証を取得した風力発電機の中から機種を選定します。

    ご提案

    小型風力発電機14機種の徹底比較をダウンロードしてご覧ください。

  • 4

    内示

    機種選定

    風況調査・機種についてご納得いただきましたら、内示申し込みをお願いします。

  • 5

    申請

    申請

    電力協議や設備認定などの申請を行います。

  • 6

    地盤の調査

    地盤の調査

    地盤の地耐力などを調査し、小形風力発電建設に必要な基礎を確認します。

  • 7

    お見積り

    お見積り

    基礎を含め、正式なお見積りを提出いたします。

  • 8

    ご注文

    ご注文

    正式なご注文書、契約書を取り交わします。

  • 9

    建設

    建設

    基礎と支柱の組み立て、電気工事を行い、小形風力発電を建設します。

  • 10

    電力供給開始

    電力供給開始

    電力会社との協議で決定した日付より電力供給(売電)を開始します。

土地付き 分譲型 小形風力発電所

小形風力発電を始めるには、情報収集を始めとして土地の選定や風況の確認、採算性の計算などの各種調査が必要です。フジテックスエネルギーで土地の選定、風況シミュレーションを行った「土地付き分譲型 小形風力発電所」をご紹介しています。

通常の流れと比べて時間・手間を短縮できます。

通常の流れ

発電開始までの通常の流れ

土地付き分譲型 発電所の流れ

土地付き分譲型 発電所の流れ

フジテックスエネルギーが選ばれる理由

  • 実績が豊富なコンサルタント

    実績が豊富なコンサルタント

    コンサルタントは、低圧から特別高圧まで数多くの太陽光発電の建設の実績があります。そのほかにも、火力発電所やリサイクルプラントなど大規模な建設工事の設計、進行を多数経験しています。プロジェクトで発生する多数の申請、設計、調整、調達、建設をスムーズに進行して、お客様の事業成功に貢献いたします。

  • 事業計画から建設までワンストップサービス

    事業計画から建設までワンストップサービス

    再生可能エネルギー発電所の建設は、行政への申請や機器の調達。建設スケジュールの進行など、多数の手続きと調整が必要です。すべての申請、手続き、調達、スケジュール管理をワンストップで行います。お客様には事業計画、事業の成功に集中できる体制を整えます。

  • 30年のプラント建設ノウハウ

    30年のプラント建設ノウハウ

    資源リサイクルプラントの建設・サポートを30年にわたって行ってきました。機器導入まで含めると実績は全国で5000件を数えます。全国8箇所の拠点と、電気工事・メンテナンスの協力会社のネットワークを活用して低コストで安心いただけるサポート体制を整えています。

NEDO風況データの利用

NEDO風況マップ

年平均風速のデータが公開されています。
このデータを使って建設予定地のおおよその風速を確認します。
地上30m、50m、70mの風速データが公開されています。
小型風力発電事業を成功させるには、年平均5~6m/s以上の風が吹いていることが望ましいです。

※2000年のデータに気象モデル、工学モデルから算出した予想風速です。そのため、実測値とは異なることがあります。

Class NK 認証の風力発電機の利用

Class NK 認証

日本海自協会は風力発電にかかわる様々な認証を行っています。
Class NKの認証を取得した機種からお客様の事業にあった小型風力発電機を選定いたします。

※認定外の機種で固定価格買取制度の申請を行うことも可能ですが、申請には多くの書類、時間がかかります。

よくある質問

  • 土地がないと小形風力発電の実施はできないでしょうか?
  • 土地がなくても小形風力発電事業を行うことはできます。土地付き分譲型の小形風力発電をご紹介していますので、ご確認ください。ご興味のある情報がありましたら、お問い合わせください。
  • 風況調査、発電量のシミュレーションはどのように行うのでしょうか?
  • 環境省、NEDO、3TIERといった風況データを取得して、発電量を計算します。詳細は、風速を基にした、小型風力発電の発電量の計算方法をご覧ください。
  • 発電量の保証はありますか?
  • 保証はありません。風況調査、発電量のシミュレーションは想定値です。発電量を保証する保険などもあります。許認可の関係で直接ご提案はできませんが、ご紹介いたします。小形風力発電機の補償・保険
  • 小形風力発電にはどのようなリスクがありますか?
  • 風が思ったより吹かず、発電量が想定よりも少ないというリスクがあります。そのほか、強風による倒壊、落雷による故障などが考えられます。小形風力発電用の保険が発売されていますので、ご紹介いたします。小形風力発電機の補償・保険
  • どのくらいの風に耐えられますか?
  • 風車の設計基準により異なります。ClassIIでは42.5m/s、ClassIIIでは37.5m/sです。最大瞬間風速では60m/s程度耐えられる機種が多いようです。詳細は、小形風力発電機は台風に耐えられるのか?をご覧ください。
  • 14機種すべての小形風力発電機の設置が可能ですか?
  • 製品の詳細、日本でのサポート体制を確認した結果、現時点で弊社がご提案しているのはCF20(19.5kW)Xzeres442SR(9.5kW / 10.4kW)Windera S(3.1kW)の3機種です。1基で20kW近い出力のあるCF20。納入事例が多く、メーカ-保障が10年ついているXzeres442SR。小型のWindera Sの3つをお客様の要望、土地の状態、風況を確認してご提案しています。
  • メンテナンスは必要ですか?
  • メンテナンスは必要です。風を受けて回転する可動部があるため、ベアリングの摩耗の確認や交換、各種点検が必須です。メーカーにより推奨するメンテナンスの期間は異なりますが、1~3年に1回のメンテナンスを行います。もちろん、納入後のメンテナンスも責任をもって対応いたします。
  • 販売代理店になることはできますか?
  • 販売代理店を募集しております。詳細は、こちらから販売提携に関する資料をダウンロードいただくか、お問い合わせください。
  • 来年の固定価格買取価格ははいくらですか?
  • 現在、小形風力発電の買取価格は55円/kWhです。2017年の買取価格はまだ発表されていません(2016年11月21日時点)。来年になるか、もっと先になるかわかりませんが、買取価格は下がる方向です。
  • 設備認定などの申請をおこなうのに費用はかかりますか?
  • 弊社が発電機の設置を手配させていただいたお客様に関しては、申請を代行いたします。申請代行費はいただいておりません。
  • 売電せず、自家消費、災害時の非常用電源として利用することはできますか?
  • 自家消費、非常用電源としても利用可能です。消費する場所と発電機の距離、送電の方法、蓄電の方法などご要望をお聞きしたうえでご提案いたします。
  • 実際に見学に発電をおこなっている場所へ見学に行くことはできますか?
  • 地区、タイミングによりますが、可能です。ご相談ください。
  • 分譲型の土地へ見学に行くことはできますか?
  • 地区、タイミングによりますが、可能です。ご相談ください。

お問い合わせ

必要事項を入力して、確認ボタンを押してください。
内容を確認次第、担当者からご連絡いたします。

個人情報の取り扱いに同意いただき、「確認画面へ」ボタンを押してください。
登録いただいたメールアドレスにご案内をお送りさせていただくことがあります。

個人情報の取り扱い

個人情報の管理

当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的

お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付、メールマガジンの配信に利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • お客さまの同意がある場合
  • お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
  • 法令に基づき開示することが必要である場合
  • 警察、裁判所、検察庁、消費者センターなどの公的機関から、登録内容について開示を求められた場合

個人情報の安全対策

当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

暴力団排除条例を遵守します

お客様が反社会的勢力であること、反社会的勢力を利用したこと、または、その維持・運営に関与したことが判明したとき、または、その恐れがあると判明したときは、条例に基づき契約の解除をさせていただく場合があります。

法令、規範の遵守と見直し

当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

お問い合せ

当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

株式会社フジテックス
〒169-0072 東京都新宿区大久保三丁目8番2号 住友不動産新宿ガーデンタワー 13階
TEL:03-5155-2030(代表) FAX:03-5155-2031
Mail:info@fjtex.co.jp

成功する小形風力発電の始め方
お問い合わせ