再生可能エネルギーの発電所の事業パートナー フジテックスエネルギー
会社概要 オンライン商談

0120-81-2166 email お問い合わせ

お気軽にご相談ください
0120-81-2166
営業時間 9:00 ~ 18:00(土日祝休み)
  • TOP
  • ブログ
  • 防草シートの耐用年数はどのくらい?|選び方や長持ちさせるコツも解説

防草シートの耐用年数はどのくらい?|選び方や長持ちさせるコツも解説

防草シートとは、雑草の生育を防ぐためのシートです。

防草シートは、種類や素材によって耐用年数が異なるため、設置場所や期間、用途、予算などを考慮して選ぶことが重要です。
この記事では、防草シートの種類や素材に加え、それぞれの特性や耐用年数についても解説します。

防草シートを選ぶときの参考にしてください。

防草シートとは?

防草シートとは、雑草が生えてくるのを防ぐシートです。

ホームセンターや通販、100円ショップなどで販売されています。シートの厚さや幅、目の細かさや素材など、さまざまな種類があることが特徴です。

防草シートの仕組み

植物が育つためには、太陽光が必要です。

シートを敷いて太陽光を遮断することにより、雑草が生えないようにするのが防草シートです。また、土を覆うため、雑草の種が飛んできたとしても、根付かせない効果もあります。

防草シートを敷くメリット

防草シートはホームセンターなどで安価で入手できるため、リーズナブルに雑草対策ができます。

身体的な負担が大幅に減ることもメリットです。草取り作業は時間がかかるうえ、長時間の作業は、身体的に大きな負担となります。また、除草剤などの薬剤を使わずに対策できるため、環境に優しいこともよい点です。

防草シートを敷くデメリット

防草シートは、見た目はあまり重視されていません。

そのため、敷くことによって外観が損なわれるケースもあります。また、敷く前に下準備の手間がかかります。平地にする、雑草を取り除くなどの準備には、時間も手間もかかります。
水はけが悪かったり、雑草や落ち葉が残っていたりすると、湿気を好む虫がわきやすくなることもデメリットです。

防草シートの用途

防草シートはどのような用途で使われることが多いのでしょうか。
ここでは、代表的な3つの用途について解説します。

太陽光発電所

防草シートは、太陽光発電所における雑草対策に有効です。

背丈ほどの雑草が生えていると、パネルを覆ってしまい、発電効率が低下します。雑草を放置することで虫がわきやすくなり、虫を目当てに鳥類が集まってパネルにフンをするなど、問題が起こりやすくなります。また、景観や防犯問題の面から、周辺住民によるクレームが寄せられるケースもあります。

庭に砂利を敷いても、すき間から雑草が生えてくるケースもあるでしょう。その場合、防草シートが有効です。

防草シートを地面に敷いてから、その上に砂利を敷いて、雑草がすき間から生えることを防げます。防草シートの上に人工芝や砂利、タイルなどを敷くこともできるため、レイアウトやデザインの自由度も高いといえます。

駐車場

駐車場をコンクリート敷きにするには、コストがかかります。

コストをかけずに、駐車場の雑草対策をしたいという場合には、防草シートが向いています。防草シートは水を通すため、駐車場に水たまりができる心配もありません。

また、耐久性が高い製品も多く、車で乗り入れても破けにくいことがメリットです。

防草シートの構造と耐用年数

防草シートの構造は2種類あります。それぞれの特徴とメリット・デメリットについて解説します。

織布タイプ

防草シート(PPタイプ)_ラインの色は変更可

織布タイプとは、縦糸の列に横糸を織り込んで作ったシートを指します。

ホームセンターなどで、販売されている防草シートの多くは織布タイプです。織布タイプの中でも、荒く織り込んでいるものと、細かく織り込んでいるものがあり、細かいほど防草効果は高くなります。

耐用年数は1~5年と幅がありますが、市販のものの多くは1年程度です。

メリット

織布タイプは材料コストが安いため、安価で購入できます。そのため、値段を抑えて雑草対策をしたい場合に向いています。

縦横方向への引っ張りに対して強いため、強めに引っ張っても問題ありません。

デメリット

織布は布のような形状であるため、カットするとほつれが出やすくなります。

また、編み目にすき間ができてしまうというデメリットもあります。葉先のとがった雑草などは、編み目から出てきてしまうため、注意が必要です。

不織布タイプ

防草シート(1層タイプ_PET)

不織布タイプとは、圧力をかけて薄いシート状にしたものです。和紙や海苔をイメージするとよいでしょう。

織り込んで作られている織布とは違い、圧力をかけてシート状にしているため、目が詰まっています。不織布タイプは丈夫なつくりが特徴で、耐用年数は7~10年と織布より長いものが多くなっています。

メリット

織布タイプは耐久性が高いため、長く使えます。織り目がなく、すき間ができないこともメリットです。突き抜けに強いため、先のとがった雑草にも対応可能です。

また、ほつれが出ず、カットして使っても問題ありません。

デメリット

不織布タイプは、材料コストが高いため、織布よりも販売価格は高くなりがちです。

また、厚みのあるものは、密度が上がり耐久性も高まりますが、水はけが悪くなる場合もあるため、注意しましょう。

防草シートの素材と耐用年数

防草シートの素材は3種類あり、熱や紫外線への耐久力が異なります。
それぞれの素材について詳しく解説します。

ポリエステル

ポリエステルは、ポリプロピレンやポリエチレンと比べると、熱や紫外線に強い素材です。
そのため、劣化しにくく、他の素材より耐用年数は長めです。

ただし、酸やアルカリには弱いという特性があります。長く雨水にさらされ続けることで、劣化する可能性があるでしょう。耐久力に優れているため、価格は高くなりがちです。

ポリプロピレン

ポリプロピレンは、熱や紫外線に弱いという特徴があります。
しかし、酸やアルカリに強いため、雨水による劣化は少ない素材です。価格が安いため、できるだけ費用を抑えて雑草対策をしたい人に向いています。

また、紫外線防止加工が施されているものであれば、一般的なポリプロピレンよりも耐用年数は延びます。

防草シート:ポリプロピレン

ポリエチレン

ポリエチレンは、ポリエステルよりも熱や紫外線に弱い素材です。
ポリエチレンは合成樹脂の一種で、材料コストが安く加工が容易という特徴があり、比較的安価で購入できます。

また、低温の環境に強いなど、対候性に優れている素材として知られています。寒い冬場であっても問題なく利用できるでしょう。

防草シートの選び方

防草シートを選ぶ際には、どのようなポイントを押さえればよいのでしょうか。
ここでは、4つのポイントについて解説します。

透水性

透水性とは、水はけを指します。透水性が低いと水はけが悪くなり、防草シートの上に、水たまりができるケースもあります。
水がたまっても問題ないと考える人もいるかもしれませんが、水がたまったまま放置すると、泥が発生します。その泥に雑草の種子が飛来して、芽吹く場合があるため、水はけのよいシートを選びましょう。

耐久性

耐久性とは強度を指します。耐久性の低い防草シートは短期間で劣化し、シートが破けてしまう可能性があります。
シートが破れると、その部分から雑草が生えて、草取りの手間が増えるため、耐久性は重要なポイントです。駐車場など、重量がかかる場所に敷く場合は、特に強度の高いものを選びましょう。

遮光性

遮光性とは、太陽光を遮断する能力です。
雑草は太陽光を受けて成長するため、できるだけ太陽光を遮断しなければなりません。防草シートには、太陽光を遮断できる割合を示した、遮光率が表示されています。

遮光率が高ければ高いほど、雑草の生育を抑制できるため、遮光率の値が高い製品を選ぶとよいでしょう。

貫通抵抗力

貫通抵抗力とは、雑草がシートを突き破ろうとするのを防ぐ力です。
雑草の中には、太陽光がなくても育ちやすいものや除草剤に強いもの、先がとがっていてシートを貫通するものがあります。
シートが突き破られてしまうと、その部分から雑草が生えるため、貫通抵抗力が高いシートを選ぶことが重要です。

防草シートの耐用年数をのばすコツ

防草シートは、使い方次第で耐用年数を延ばすことができます。
ここでは、耐用年数を延ばすコツを紹介します。

加工前,加工後

雑草処理と整地を行う

雑草が生えてこないように、根からしっかりと取り除くなど、雑草処理を行いましょう。
根が残っていると芽が出て、シートを押し上げる可能性があります。
凹凸があると、シートにシワができて砂や土が入り込み、擦れて劣化が早まります。
地面とシートにすき間ができて摩擦が起こるため、整地して平地にしましょう。

砂利やチップを敷く

防草シートは、紫外線によって劣化が進みます。
そのため、紫外線が直接あたらないようにすることをおすすめします。

例えば、砂利やチップなどを敷くと、紫外線が防げるうえ、見た目もよくなります。また、強い雑草がシートを突き破ったり、持ち上げたりするのを防ぐこともできます。

しっかりと固定する

防草シートは屋外に設置するため、しっかりと固定することも重要です。
固定が不十分な場合、強風でめくれたり、破れたりする可能性もあります。

このようなトラブルが起きないように、ピンで固定しましょう。固定の間隔が広すぎると、風が入り込んで破れるリスクが高まるため、ピンの本数は多めにするのがポイントです。

まとめ

防草シートには、さまざまな素材や種類があり、耐用年数が異なるため、用途や設置場所に応じたシートを選ぶことが重要です。特に太陽光発電所の場合、雑草が生えると発電効率が下がるため、防草シートによる対策を行うとよいでしょう。

フジテックスでは、防草シートを取り扱っています。

国内在庫は、低価格・高品質の防草シートを揃えており、コストを抑えて効果の高い雑草対策に役立ちます。太陽光発電所の雑草にお困りなら、ぜひ一度お問い合わせください。

Copyright (c) 2020 FUJITEX Corporation. All Rights Reserved.