九州電力の出力制御。2017年12月の期限を超過した方に催促状が届いています

2018年01月23日

九州電力では、2017年12月末を期限として、太陽光発電所への出力制御機器の取り付けを要請しておりました。

期限を超過して、切替完了届が提出されていない事業者に対して、九州電力から催告状が届いているようです。

本文中の太字の箇所を引用します。

万が一下記期限までに出力制御機能付PCSへの切替手続きを完了いただけない場合、当社は、誠に不本意ながら、ご契約の解除に向けた手続きを開始させていただきます。契約解除となった場合、現在の買取条件(調達価格等)が失われますので、ご注意ください。

新たな期限として、2018年2月28日(水)までの切替完了届の提出をもとめています(※ すべての方に2月28日を期限としているかは未確認です。届いた催促状と違いがありましたら、催促状を正としてご確認ください)。

万が一、九州電力管内で出力制御機能付PCSへの切り替えがまだの方がいらっしゃいましたら、なるべく早くご対応することをおすすめします。

期限が迫ってまいりますと、メーカーの在庫や工事会社のスケジュールが逼迫してくる可能性があります。

フジテックスエネルギーでは、現状ヒアリングから機種選定、機器調達、工事手配をワンストップで対応しております。出力制御機能付PCSについてご用命がありましたら、ご相談ください。

なお、四国電力など他の電力会社でも同様の対応を行ってくることが考えられます。早めの情報収集とご対応をおすすめいたします。

お問い合わせ
0120-81-2166

受付時間:平日9時~18時(土日祝休み)

九州電力 出力制御機能付PCS切り替えの要旨

期限 平成30年2月28日(水)まで 当初は平成29年12月末
※ すべての方に2月28日を期限としているかは未確認です。届いた催促状と違いがありましたら、催促状を正としてご確認ください
内容 ・出力制御機能付PCSへの切り替え
・切替完了届の提出
完了届の様式は、九州電力HPから、再エネ出力制御 > 5月10日更新 をクリックしてくだささい。
期限内に対応しない場合 ご契約の解除に向けた手続きを開始
対象 ・九州電力管内の太陽光発電所
・2015年1月26日以降に接続申込
・10kW以上の設備(余剰配線含む)
九州電力HP 出力制御システムの導入対象は
該当する方には九州電力からDMが届いています。

催促状

催促状